ハラスメント防止ポリシー

オープンな意見交換、そして思想と表現の自由はACMが目標として掲げる事項です。これを実現するには、参加者全員があらゆる個人およびグループの本質的価値を認め、互いに尊厳、理解、敬意を育み、さらに多様性を受け入れる環境が不可欠です。これらの理由から、ACMでは開催するイベントやプログラムにおいて参加者の皆さまがハラスメントを受けることなく過ごせる体制の実現に尽力しています。

ここでいうハラスメントとは、望ましくない・敵対的な振る舞いです。これには差別的発言、不快感を与える発言、カンファレンスやイベント、プログラムへの他者の参加および参加機会を損なう発言が含まれます。本イベントにおいて、一切のハラスメントは許容されません。これには国籍、年齢、人種、信条、障碍の有無、婚姻状態、軍隊との関係、出生国 / 地域、妊娠、出生時および妊娠時に起因する疾患、民族、宗教、生物学的性別、社会的性別、退役軍人か否か、およびカンファレンス / プログラムが開催される国または地域における法律で保護されるその他一切の特性が含まれます。

また、ハラスメントには攻撃的 / 下劣な発言、脅し、ストーカー行為、記録した写真・動画・音声を用いた嫌がらせ、不適切な肉体的接触、望ましくない性的注目も含まれます。これらのケースでは、「冗談のつもり」、「からかいだった」、「ふざけただけ」などの弁明は許容されません。

上記基準を逸した行為を行った個人には制裁措置が取られ、運営および関連委員会の裁量で以後の参加が拒否されます。

/jp/volunteers/student-volunteers /jp/volunteers/student-volunteers