来場者

コンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の祭典である第11回ACM SIGGRAPH Asiaは今年2018年12月4日から7日まで東京国際フォーラム(有楽町)で開催されます。毎年アジア圏の各都市を巡って開催されているシーグラフアジアでは、ここで発表・展示される研究成果、科学、アート、アニメーション、ゲーム、インタラクティブ技術、教育、新技術の情報に刺激を求め、技術分野とクリエイティブ分野で活躍する世界中の業界関係者が数多く参加しています。

シーグラフアジアがついに東京にやってきます。日本での開催は、横浜(2009年)、神戸(2015年)に続き、今回で3回目となります。シーグラフで発表されるコンピューターグラフィクステクノロジーは、常に最先端であり、未来への指針を示し、業界に大きな影響を与えてきました。今回は「クロスオーバー」をテーマに、CGとインタラクティブテクノロジーとアート・産業への拡がりを体感していただける場となるでしょう。チケットによっては数に制限がございますので早めのご登録をお願い致します。皆さまのご来場お待ちしております!

安生健一 シーグラフアジア 2018 カンファレンスチェア、

株式会社オー・エル・エム・デジタル 技術顧問 / ビクトリア大学 CMIC ディレクター

/jp/submitters index.php?Itemid=